お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人のための墓じまい。

遠いお墓の檀家をやめるための正しい墓じまい方法

お寺との付き合いが疎遠になり、檀家をやめる家庭が増えました。

お寺との付き合いが疎遠

お寺そしてお墓が、地理的にも離れていて遠かったりすると、

お寺の面倒や、お墓の面倒を見るのは大変です。

住んでいる場所が、お墓から離れていることが、離檀を加速させます。

檀家から抜けるときの正しい墓じまい方法について書いています。

 

1.檀家をやめるのは簡単ですか?

檀家をやめること自体は簡単なことです。

東京のお墓

檀家をやめるには、そのお寺が定めた檀家規約に従って、

手続きするだけでいい。

基本的には、お寺の他の檀家さんとの難しい交渉は不要です。

特別な檀家の辞め方というものはありません。

一般には、

寺院では離檀届離檀願が必要です。

離檀届は、例文があるので参考にすれば問題なし。

離檀料や墓地を更地にする費用等を請求されることもあります。

無事に寺の檀家を辞めた時には、

「離檀証明書」を寺が発行する場合もあります。

まずは、檀家をやめたい旨を、寺の住職に伝え、了承を得て下さい。

お墓に遺骨があれば、

お寺から埋葬証明書をもらいます。

役所的には、改葬手続きさえできれば、問題はありません。

最近は、

檀家をやめる方法の一つとして、離檀代行があります。

代行費用はかかりますが、NPOなので信頼できるものですから安心ください。

 

2.檀家をやめる場合の費用支払いは拒否できる?

檀家規約に決めごとが無ければ、

離檀料を払わないで、請求を無視することができます。

その場合の離檀料は、支払義務はありません。

霊園

しかし、

一番もめるのが、檀家をやめる時のお金である、この離壇料です。

近年、離檀料に関するトラブルが増加しています。

離檀料に関する国民生活センターでの相談事例も、年々増えています。

「実家の墓を継ぐ人がいないので寺に墓じまいを希望したら、墓石撤去費用と永代供養料として高額な請求を受けた。支払わなければならないのか。」
「墓を処分しなければならなくなり、寺に相談すると約40万円の高額な費用を請求された。」

長年お世話になってきたご住職へのお礼として、

支払義務がなくても、封筒の表書きをお布施で書いて、

出来れば10万円単位で差し上げれば良いです。

墓石の撤去と更地に整地するのは、石材店にお願いすれば、

20~30万円くらい。

場所が離れている場合は、

墓じまいの専門業者さんに頼む方がいいです。

 

3.檀家をやめたい本当の理由

檀家を抜けるには、やはりそれなりの理由があります。

 

①墓はいらないので墓を相続したくない

両親が他界した場合、お墓の相続放棄したい人が多くなっています。

このお墓の継承問題は、現代における檀家に多い悩みです。

特に、お墓を相続される方が娘さんなら、深刻です。

横浜のお墓

寺墓は、お寺の年会費だけでなく、

一生、寄付や高額の葬儀費用に苦しむことになります。

命日や盆や彼岸にもお墓の掃除をしたり、

負担になる先祖供養がいらないと思うなら、檀家を断ることはできます。

まして、現状、

年忌もまったくしていないなら、離檀するのを止められる住職はいません。

 

②お寺へ寄付が高額すぎる

お寺の檀家は減少する反面、お寺の維持費は変わらないため、

お寺は経営難におちいっていて、寺の存続が危ぶまれている時代です。

お寺の建て替えの寄付が高額

特に、

地方都市になると、寺院そのものの経営が成立しないような地域もあるようです。

古いお墓

お寺は生き残りをかけて、寺維持のために寺への寄付が増えていますので、

離壇の増加に拍車がかかっています。

例えば、

寺が古くいつも修理が必要なときは、お寺の修繕費のための寄付を声かけしたり、

お寺からの寄付の手紙を出したりします。

また、

お寺の本堂や納骨堂の建て替えでも、

建設費の名目で、最低100万など寺への多額の寄付をお願いされます。

お布施が集まらないと、大変ではあるようです。

 

お寺から余りにも露骨な金銭の要求

檀家は、高いお布施をむしり取られるだけです。

田舎のお墓

お寺の建て替えの費用に関わらず、

檀家が出す費用は、檀家の気持ちです。

お寺の寄付は、強制ではありません

「自分のもの」という執着心を捨てることで悟りに近づく修業として『お布施』があります。

僧侶が金額を示して請求するようなものではありません。

これでは、

お金がかかりすぎて、お寺との付き合いをやめたくなり、

檀家をやめる人続出です。

 

③お寺が代替わりした時に檀家離れする原因は住職への不信感

住職と檀家のトラブルは、住職が若く人物に不満な場合が多いです。

港町のお墓

自分の僧職位を上げるための、必要のない催事をやりお布施を稼ぐ。

それに、やたらご奉仕の動員を要請して来る。

肝心の法話は長くて、クドイ。

寺で、檀家と意見が合わず、トラブルばかり。

これでは、檀家の寺離れは避けられません。

こういうお寺ならば、檀家を辞めれば、本当にスッキリしますね。

参考に言うと、

住職とのトラブルの場合は、基本的に法律の出番はありません。

唯一、『正伝寺事件』の最高裁での判例があります。

檀家総意で、住職の解雇を本山に要請したのですが、

本山が応じず、「住職を選任する権能は本山側に有り、檀家にはない」と

退けられています。

そんな場合でも、檀家がみんなで話し合って、

檀家をやめる自由があります。

 

4.檀家をやめることは寺を変えること

寺墓が希望なら、前のお寺さんの檀家をやめて、

新しいお寺さんの檀家に変更する必要があります。

納骨堂を変えるときも、同じです。

檀家をやめることは寺を変えること

ただし、

川島なお美さんみたいに、浄土宗でも曹洞宗の墓に入ることもできますね。

寺院が運営する霊園墓地ならば、宗派の変更で菩提寺を変えるのもありです。

この場合は、おそらく檀家を変えるのではなく、

門徒をやめるだけにしたはず。

また、

宗派を変える必要がない場合、同じ宗派の寺院を紹介するような仕組みがあります。

新たに別の寺院の檀家になる場合、本山寺院に相談に行かれるといいです。

 

5.墓じまい費用払えないのでそのまま放置ではだめか?

墓じまいせず、そのままという選択肢は現実的ではありません。

そのまま放置ではだめ

金銭的に余裕がなく、寺の改修費用のお布施も断ってきた家庭が、

墓じまいできるはずもありません。

このケースは、住職も苦慮されます。

実家の墓から離れているとは言え、そのままでもいいんじゃないかと

思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、

檀家としての勤め(管理料、法事などの支払いや手伝いなど)が、

永い間できていないと、

亡くなっても葬儀を受けあってもらえないことも。

遠方だから、

今まで住んでいた近所で葬式をあげる場合もあると思いますが、

墓のあるお寺で葬式をあげていない人は、

納骨できないと言う決まりもご存知でしょうか?

檀家をやめさせられた場合

お寺さんの方で墓石を処分し、その区画を更地にして新規販売されます。

特に、

地方のお寺の経営は最近厳しく、支援のために、

太陽光発電に乗り出した宗派もあるとニュースになっている位です。

墓じまいせず、そのままという選択肢は現実的ではありません。、

 

5.檀家をやめるとお墓も出て行ってくれということですか?

離檀したら、お墓も出て行ってくれという話になります。

お墓も出て行ってくれという話

だから、檀家をやめるデメリットとして、

次の葬儀は、先祖代々のお寺ではなく、

葬儀社や霊園と契約した縁のない僧侶にお願いすることになります。

墓じまいして、新しい墓が欲しいなら、新しい墓も用意しなければいけません。

その代わり、一般の墓地や霊園でもよくなります。

もちろん、遺骨をお寺から持って出なければいけません。

遺骨は、自宅などに無期限で保管できますから、

次の納骨先は何十年後でも問題はありません。

檀家をやめれば、

御持会費=年会費や法事・法要の心配もなくなります。

離檀することに両親と親類縁者の了解さえあれば、

檀家をやめて、墓じまいするメリットの方が大きいのです。

 

6.そもそも檀家とは?

檀家とは、わかりやすく言うと、町内会と同じ共同体として寺院の運営を担う人のことです。

檀家の務め

共同体ですから、運営費用の分担を含め、

檀家の集まりである檀家総会で規約を決議します。

檀家の務めとしては、その規約を守る義務があります。

現在では、

昔のような厳密な檀家制度は崩壊しています。

一般には、実家の親が檀家であったため、兄弟の誰かがお墓と共に相続するもの。

檀家でなければ、寺墓地は使用する資格がありません。

また、

檀家代表は宗教法人の登記にも役員として記載されています。

 

檀家と信徒の違い

信徒とは、お寺から見れば門徒(信者)のことを指します。

宗派のしきたりに従い仏事を行うご家族であり、

お墓がお寺の墓地に無くても問いません。

しかし、

檀家は、お寺の中にお墓を構えねばならないのです。

 

7.檀家をやめる時には、お寺に失礼の無いようにすべきか?

実際に檀家をやめる時には、お寺に失礼の無いようにしましょう。

お寺に失礼の無いよう

お寺の住職へのご挨拶では、

今までの感謝の意を伝えた上で、

やむを得ない事情で檀家をやめる旨を、伝えて下さい。

「親族と後々のことを考えて話し合った結果・・・・。」
「体調が悪くなってきて、遠隔地から通えるのも今後は無理なので・・・・。」

遠方ならば、手紙でその旨を書けばよいのですが、

お寺への手紙の書き方は、檀家をやめる事例を参考にしたようがよいでしょう。

長い間お世話になってきたお寺です。

お寺への不満などは、この場では言語道断。

そして、

実家のお仏壇の魂抜きについても、相談してください。

きっと、親身なって相談に乗ってくれますよ。

 

更新日:

Copyright© 遠いお墓の檀家をやめるための正しい墓じまい方法 , 2019 All Rights Reserved.