檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!

改葬

墓を移動してでも守りたい時には分骨すればいい

かつては代々受け継ぐものと考えられてきた日本の墓。

しかし、

今は、墓は新たに買う人より、捨てる人の方が多い時代です。

それでも、なんとか墓を移動してでも守りたい時には、分骨すればいいのです。

 

1.「墓いらない」と捨てられるお墓

廃棄された墓石たち

以前、NHKで日本各地で墓石の不法投棄が相次いでいる番組を放送しました。

衝撃の内容でした。

兵庫、茨城、広島と続き、岐阜でも不法投棄が見つかっています。

墓石の不法投棄が増加する背景には、自分の代で先祖代々の墓を処分し、

納骨堂などに移動する“墓じまい”を行うケースが増えているためだそうです。

しかし、

墓じまい自体が、悪いとは思えません。

墓じまいでも、しっかりと業者さんに依頼すれば、

不法投棄も少なくなるはずです。

 

2.1つのお墓には5~6人分以上のお骨は墓に入れない

移転したい墓

実家の墓が遠くても、お墓の移動はできます。

遺骨を移動することを改葬と言いますが、

移動しても、新しい1つのお墓に入れられるお骨は5~6人分だけ。

ココがポイント

実家の墓は、親戚の手前、墓じまいや移動したくないのが本音でしょう。

その場合は、親の遺骨を分骨すればいいのです。

 

3.親の遺骨を分骨する時の注意点

混み合ったお墓

できれば、分骨をその宗派の本山に納めるのが簡単です。

一般には、分骨証明書が必ず要ります。

ココに注意

手続きを踏まないで、遺骨を取り出すのは法律違反。

ただし、

お手次寺の住職が、本山納骨に同行される場合は、不要。

分骨証明書は、お手次寺の住職が発行するものだからです。

せっかく納骨するなら、同行をお願いしてはいかがでしょうか?

 

4.分骨する時の遺骨のお清めは不要です

立て込んだ墓の中

いくら墓石の下にあったからと言って、

すでにあの世にいかれた故人の遺骨ですから、

例え一人だけであっても、分骨の際のお清めは不要です。

 

5.土葬の参り墓には遺骨はない

遠方の島にある墓

土葬の参り墓には遺骨はなく、霊魂のみが存在すると言います。

昔、土中に直に遺体を埋めた時代のお墓です。

この墓まで移動させたい場合は、墓石屋さんに頼みます。

墓石屋さんが、骨を可能な限り取り出してくれますから。

しかし、

「骨を含んだ自然の土」に還ってしまっている可能性が大きいです。

土葬の場合、数十年で土に還ると言います。

そんなときは、

ココがおすすめ

そこの土を、ひとつかみだけ移動してあげればいいのです。

 
最近は、永代供養を希望する方が多いらしいです。

永代供養するにしても、遠く離れている寺では、

将来に近親者がいなくなった時に、不安が残りますね。

分骨を、一度考えてみませんか?

 
【関連記事】
▼改葬でお墓を移転するくらいなら改葬合祀や分骨を考えるのも方法ですはこちら

お墓のミキワによる墓じまいサービス

お墓の解体・処分から行政手続き代行まで

わかりやすいワンセット価格で

お墓を守る人がいない方、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれない方

墓じまいを考える人が増えています。

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

墓じまい案内人の長谷川です

墓じまいは、魂抜き(閉眼供養)やお墓の解体・撤去・処分から行政手続きまで大変です。墓じまいの手続方法が分からないのは、初めての人がほとんどで当たり前です。そんな人のために墓じまいを案内します。

人気の記事

墓で故人を偲ぶ 1

民営に限らず、宗教法人の寺院墓地も、 毎年いくつも破綻し廃寺解散しています。 公営墓地も、市町村が直接運営しているところは、 基本的に潰れることはありませんが、 外郭団体のものは破綻はあり得る時代です ...

霊園内の立派な墓 2

子供いない夫婦ならまだしも、2035年には独身者が5割近く、 一人暮らしの世帯が4割近くに達するそうです。 お墓の継承問題は、切実なものになってきています。 まずは、子供いない夫婦のお墓について、考え ...

山が見える田舎の墓 3

お墓が遠方にあって、なかなかお参りに行けない墓地よりも、 近くに移転して、お参りに行きやすい環境を作る方が良いです。 1番大切な事は、お参りすること。 そう思っても、気が重いですが、以下の課題をクリア ...

由緒ある菩提寺 4

日本全国の墓所で、墓石が撤去された空場所が目立つ様になっています。 なかには、台風などで墓石が倒れて破壊された、荒れ果てた姿も。 どうして、こんなになってしまったんでしょうか。 そして、そんな荒れ放題 ...

先祖のお墓 5

遺骨の処分と言っても、 葬式後、親の遺骨の受け取りを拒否して処分してもらう場合と、 古いご先祖さまの遺骨を、掘り返して処分する場合に分かれます。   目次1.ご先祖さまの遺骨を火葬をするなら ...

-改葬

© 2020 檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!