お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人のための墓じまい。

お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人の正しい墓じまい方法

お寺との付き合いが疎遠になり、檀家をやめる家庭が増えました。

両親ともすでに他界しているなら、

地理的にも離れていることが、離檀を加速させます。

住んでいる場所が、実家の墓から離れているなら、

お寺の面倒や、実家の墓の面倒を見るのは大変です。

これは、現代における檀家に多い悩みです。

お寺の年会費だけでなく、

年忌もまったくしていないなら、離檀するのを止められる住職はいません

 

1.檀家をやめるということはお寺と縁を切る事です

東京のお墓

現在、檀家であるならば、

普通は、お寺にお墓があると思います。

だから、

檀家をやめる時は、お墓も出て行く時です。

離壇してしまうと、今のお墓には入れません。

新しい墓が欲しいなら、

用意しなければいけません

そうなると、簡単に離檀もできません。

 

2.檀家をやめる手続きは簡単

霊園

檀家をやめること自体は簡単なことです。

そのお寺が定めた手続きをとるだけでいい。

寺の檀家をやめる時に、

「離檀証明書」を寺が発行する場合もあります。

まずは、檀家をやめたい旨を、寺の住職に伝え了承を得て下さい。

お寺から埋葬証明書をもらいます。

役所的には、改葬手続きさえできれば、問題ありません。

 

3.檀家をやめるための費用

横浜のお墓

一番もめるのが、お寺からの離壇料です。

規約に決めごとが無ければ、基本的には支払義務はありませんが、

長年お世話になってきた付き合いもあるので、

お布施(出来れば10万円単位)として差し上げれば良いです。

墓石の撤去と更地に整地するのは、石材店にお願いすれば、

20~30万円くらいでしょう。

場所が離れている場合は、

墓じまい専門業者さんに頼む方がいいです。

 

4.墓じまいの決心がつかない人はもっと現実を知るべし

古いお墓

実家の墓から離れているとは言え、そのままでもいいんじゃないかと

思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、

檀家としての努め(管理料、法事などの支払いや手伝いなど)が、

永い間できていないと、

亡くなっても葬儀を受けあってもらえないことも。

遠方だから

今まで住んでいた近所で葬式をあげると思いますが、

墓のあるお寺で葬式をあげていない人は、

納骨できないと言う決まりをご存知でしょうか?

特に、

地方のお寺の経営は最近厳しく、支援のために、

太陽光発電に乗り出した宗派もあるとニュースになっている位です。

墓じまいせず、そのままという選択肢は、

現実的ではありません。

 

5.檀家をやめるデメリット

田舎のお墓

もちろん、遺骨をお寺から持って出なければいけません

しかし、納骨堂や散骨などの行き先が決まっていれば、問題なし。

次に亡くなった時の葬儀等が、先祖代々のお寺ではなく、

葬儀社や霊園と契約した縁のない僧侶にお願いすること、

くらいがデメリットでしょう。

檀家をやめれば、

御持会費=年会費や法事・法要の心配もなくなります。

離檀することに

両親と親類縁者の了解さえあれば、

檀家をやめて、墓じまいするメリットの方が大きいのです。

 

6.実際に檀家をやめる時にはお寺に失礼の無いように

港町のお墓

お寺の住職へのご挨拶では、

今までの感謝の意を伝えた上で、

やむを得ない事情で檀家をやめる旨を、伝えて下さい。

「親族と後々のことを考えて話し合った結果・・・・。」

「体調が悪くなってきて、遠隔地から通えるのも今後は無理なので・・・・。」

長い間お世話になってきたお寺です。

お寺への不満などは、この場では言語道断。

そして、

実家のお仏壇の魂抜きについても、相談してください。

きっと、親身なって相談に乗ってくれます。

投稿日:

Copyright© お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人の正しい墓じまい方法 , 2018 All Rights Reserved.