お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人のための墓じまい。

遺骨

遺骨を処分する方法は親かご先祖さまの遺骨かで違う

投稿日:

遺骨の処分と言っても、

葬式後、親の遺骨の受け取りを拒否して処分してもらう場合と、

古いご先祖さまの遺骨を、掘り返して処分する場合に分かれます。

 

1.ご先祖さまの遺骨を火葬をする手順は面倒

先祖のお墓

ご先祖さまを土葬で埋葬していたのなら、一度遺骨を火葬をする必要があります。

①最初は、お墓のある市の役所へ行き、改葬申請書を提出します。

②提出後に、お寺で納骨証明をもらいます。

③お寺さんの納骨証明を役所に提出すると、改葬許可書と火葬許可書がやっともらえます。

④改葬許可書があれば、寺で遺骨を掘り起こしてもらいます。
実際の作業は、石材店に依頼することになります。

⑤遺骨を全部掘り起こせたら、火葬場では火葬許可書を出し、やっと火葬となります。

⑥その後、墓石を撤去処分し、更地にしてお寺さんに返せば終わりです。

問題の一つ目は、このように手続きが面倒なこと。

この場合は、墓じまいの専門業者さんにお頼みした方が楽です。

問題の二つ目は、

お寺にとっては、檀家さんが減るので、高額な離檀料を言い出す可能性があること。

その場合もめると、

あきらめて永久放置する人が圧倒的に多いようです。

 

2.親の遺骨をすべて火葬場で処分できるかは火葬場による

海辺のお墓

例えば、親の遺骨をすべて火葬場で処分してもらい、

遺骨の受け取りを拒否することは可能です。

ただし、火葬場によって対応が違うことがあります。

事前の問い合わせが必須です。

火葬場の管理者(たいていは市長)の権限で、

引き取られない遺骨を処分できることが、

火葬場に関する条例にあります。

その条例がない火葬場では、遺骨の受け取りを拒否することはできません。

その場合は、一旦は受け取るしかありません。

 

3.そもそも遺骨は産業廃棄物扱い

島のお墓

火葬場では、必ず回収しきれない残骨灰が出ます。

東日本は全量収骨なので、その残骨灰も骨壺の中に入れるのが普通です。

でも、

西日本では部分収骨なので、遺骨が残骨灰として残ります。

その残骨灰は、春秋の彼岸の時期に法要が営まれ、

産業廃棄物として埋められるのが普通なのです。

だから、遺骨処分については、受け取る量を極少なくするだけと同じです。

 

4.それでも遺骨を捨てれば罪になります

遺骨を、ゴミ箱やトイレに捨てるような人もいるそうです。

これは、「遺骨遺棄罪」という犯罪になります。

道義的にも、やってはいけません。

また、

駅のコインロッカーや電車の網棚に放置された遺骨は、

所定の期間保管され、役所で処分されます。

自分で処分できないなら、

必ず専門業者に任せるようにして下さい。

-遺骨

Copyright© お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人の正しい墓じまい方法 , 2018 All Rights Reserved.