お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人のための墓じまい。

遠いお墓の檀家をやめるための正しい墓じまい方法

檀家

檀家をやめる時にかかる費用をまとめました!

投稿日:

今までの菩提寺の檀家をやめることを、離檀(りだん)と言います。

離檀する時に支払う費用について、書いています。

離檀と言うと、世間体が悪いとも聞こえますが、

どんな経費や手続きが必要かなど準備するためも、読んでおくべきです。

 

1.檀家をやめる際に支払う離檀料

まずは、檀那寺を離壇することを、菩提寺のご住職に申し出てください。

檀那寺を離壇する

離檀料の額は、明確な料金が定まっていない場合が多いです。

それまでのお寺さんとのお付き合いによって変わる場合や、

地域差があります。

しかし、

ほとんどの寺院では、法要の料金と合わせて、

10万円から20万円程度です。

もし、それ以上の高額な金銭を要求されたら、

ハッキリと拒否します。

 

2.他の墓地を新たに入手する費用

新たに墓地の入手のための費用がかかります。

他の墓地を新たに入手する

現在のお墓が、遠い場所にある方が多いです。

田舎にある墓地の多くは、首都圏に住んでいる方が所有しているのですから。

お寺内の墓の場合、現在の墓地を墓終いするのが、現実的なのです。

お子さんが継承される場合、葬儀や法事で墓参のたびに帰省するよりも、

現在の居住地近くの墓地に移した方が、トータルの負担も少なくなります。

 

①寺院墓地の場合

新しいお墓の費用としては、永代使用料+墓石工事一式で120万円から300万円

開眼法要(かいげんほうよう)として、3万円から5万円

新しいお墓に遺骨を移すのと一緒に、

「魂入れ」として、開眼法要を行います。

新たな寺の檀家になる各種の手続きも必要です。

檀家になると、新たに護寺経費や寄付等が必要になります。

 

②公営墓地の場合

首都圏をはじめ大都市圏では、永代使用料と建碑費を合わせると300万円以上

 

③永代供養墓や代納骨堂など

これは、一概にはいくらと言えないので、個別に確認する必要があります。

 

3.寺院墓地を返還する費用

お墓をすべて撤去し更地に戻して、返還するための費用です。

寺院墓地を返還する

閉眼法要(へいげんほうよう)として、3万円から5万円

お墓を撤去するときは、「魂抜き」として「閉眼法要」を行い、

墓石からご遺骨を取出します。

寺院によっては、指定業者がいるので、お寺に相談し、

勝手に業者を決めないほうがいいです。

墓石だけでなく、基礎まで解体するように、指示されることも。

また、

草が生えるから、基礎工事をしてくださいと言われる場合もあります。

墓石の解体撤去費用だけで、20万円から40万円

 

4.新しいお墓の契約をする前に住職に相談しましたか?

寺院は、お墓の移設をかなり嫌います。

新しいお墓の契約をする

離檀=お寺との縁切り、つまり檀家離れしてしまうと考えるからです。

檀家があって、初めてお寺の経営が成り立つのです。

新しいお墓の契約をする前に、相談したほうがいいです。

何もかも決めてしまっての事後報告は、

住職にとって気持ちの良いものではないでしょう。

費用は、あくまで相場ですから、寺院の腹一つでも違うのです。

 

 

-檀家

Copyright© 遠いお墓の檀家をやめるための正しい墓じまい方法 , 2019 All Rights Reserved.