お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人のための墓じまい。

檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!

改葬

(遺骨の)改葬費用はお墓と納骨堂のケースで大きく違う

更新日:

今、全国どこの墓地でも1割以上の墓が、所有者不明と言われています。

その中でも、ご遺骨を引っ越しする改葬まで考えている方には、

その費用を心配しているのではないですか?

ここでは、各々の代表的な事例として、

いくらの費用がかかるか調べました。

1.お墓からお墓への引越しでお寺を変える費用

墓から墓への改葬

このケースが、1番費用がかさみます。

ざっと見積もっても、40~70万円と大きな予算が必要。

引越し先のお墓を新規に作るなら、別途100~300万円も必要です。

安くあげる為および先祖を尊重するには、

墓石を再利用することも考えてもいいと思います。

離檀 10~20万円 寺院の檀家をやめる際に支払う
墓石の解体撤去 20~30万円 墓石の大きさやお墓が面する通路の広さなどにより価格は変わる
墓石の運搬 5~10万円 石材店から運搬会社へ依頼した方が料金が安くなる
閉眼法要と開眼法要 各4~5万円 古い墓石から遺骨を移すと同時に、魂抜き(精抜き)と魂入れ(精入れ)

 

 

2.納骨堂から納骨堂への引越しにかかる費用

納骨堂

新しい納骨堂は、別途費用が必要ですが、

納骨堂が公営かお寺のものかで、費用はまちまち。

事務手数料だけなので、非常にお安く改葬できます。

事務手数料 1000円位 納骨証明書と改葬許可書

 

 

3.お墓から納骨堂なら再火葬の費用も必要になる時も

土葬の墓

古いお墓は、土葬のものがあります。

土葬した骨がどのくらい出てくるかは、

実際に掘ってみないと判りません。

土質により、土に還ってしまい何も遺骨が出ない場合もあります。

もし、古い骨が出た場合は、衛生上の理由に土葬骨か火葬骨に関係なく、

骨を再火葬することを条件にしている納骨堂が多いです。

納骨堂で収容できる骨壺の数は限られるので、

再火葬した遺骨は、先祖のものと直近の2親等くらいまでに、

各々まとめる必要があります。

再火葬費 数千~1万円 遺骨の数や重量によって費用が違う場合あり

 

 
【関連記事】
▼改葬でお墓を移転するくらいなら改葬合祀や分骨を考えるのも方法ですはこちら

お墓のミキワによる墓じまいサービス

お墓の解体・処分から行政手続き代行まで

わかりやすいワンセット価格で

お墓を守る人がいない方、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれない方

墓じまいを考える人が増えています。

人気の記事

墓で故人を偲ぶ 1

民営に限らず、宗教法人の寺院墓地も、 毎年いくつも破綻し廃寺解散しています。 公営墓地も、市町村が直接運営しているところは、 基本的に潰れることはありませんが、 外郭団体のものは破綻はあり得る時代です ...

霊園内の立派な墓 2

子供いない夫婦ならまだしも、2035年には独身者が5割近く、 一人暮らしの世帯が4割近くに達するそうです。 お墓の継承問題は、切実なものになってきています。 まずは、子供いない夫婦のお墓について、考え ...

ご先祖にお参り 3

最近は、お寺さんも、墓じまいや永代供養の相談を受けることが 多くなってきており、危機感を持たれています。 お墓の後継者がいないのです。   目次1.後継者(墓守)が途絶える2.お墓は捨てられ ...

合祀墓なら墓じまいも不要 4

葬式仏教のお寺さんでは「永代供養墓」と言うものがあります。 自分の家の菩提寺でも、永代供養して欲しい方なら、 「永代供養」とはどんな仕組みかを知る必要があります。   目次1.永代供養墓とは ...

古くからの代々の墓 5

今後、お墓を何代にも渡り守っていくのはどこの家でも難しいでしょう。 仕事や学業で海外も含めて転居もありますし、生まれる子供も減少します。 しかし、いよいよ墓じまいをする決心ができても、 現実にはいろい ...

-改葬

Copyright© 檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!! , 2019 All Rights Reserved.