お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人のための墓じまい。

永代供養

墓の面倒を見る人がいなくなる時に永代供養にする方法

投稿日:

墓地が遠い、交通の便が悪い、管理費の負担が大きい、子供がいない等の理由で、

お墓の面倒を見る人が将来いなくなった時、

その前に、墓じまいしないと、無縁仏になってしまいます。

最近は、そのために納骨堂や永代供養墓等に、

永代供養を希望する方が増えてきています。

永代供養は、実は一般の人には分かりずらいため、

仕組みを知ることも重要です。

 

1.永代供養にしてもらうタイミング

田舎の墓が雪の下

現在の墓を管理する方が途絶えない限りは、、

わざわざ永代供養にする必要はありません。

いよいよ誰もいなくなりそうになった時、永代供養墓か永代供養納骨堂として、

お願すれば良いです。

 

2.永代供養のしくみ

永代供養にして欲しい墓

基本的には読んで字の如く、永代に渡り供養するのが基本です。

しかし、

お寺の永代供養墓の場合は、最後の人が亡くなった後、

13回忌、17回忌もしくは33回忌までの期限付きで、

納骨し墓前で供養されるところもあります。

お寺の永代供養の場合は、

そのお寺の「永代供養」のシステムの確認が必要です。

永代納骨堂も、骨壷のまま収蔵し納骨堂前で供養してもらえます。

永代供養の期間後、合同供養墓(合祀墓・永代供養合祀塔・合祀納骨堂)に、

遺骨を骨壷から出して移されるのが普通です。

最後は、土に還されます。

 

3.永代供養の費用

山の中に墓があり行きにくい

供養される期間の永代供養墓(永代納骨堂)の供養料を前払いします。

その他、

納骨堂であれば加入使用料・年間維持管理費、

お墓であれば年間維持管理費も必要です。

金額は、年数によって違う場合と、一律いくらの場合とに分かれます。

最近は、年間維持管理費等一切不要の永代納骨堂もありますし、

費用も10万円前後からです。

もし、墓を継承したときに永代供養にするとしても、

永代供養料については、相続財産からの債務控除適用を受けることはできません。

「債務」「葬式費用」には該当しないためです。

 

4.お墓を放置したら永代供養と同じではないの?

田舎の墓

永代供養にしてもらわず、管理料を滞納するとどうなるか?

墓地管理者が継承者に連絡しても、支払われない場合、

墓地埋葬法により、お墓の前と官報に一定の期間、

「このお墓を使用する権利を主張する人は一年以内に申し出てください」

と公告されます。

期限内に誰も連絡しないときは、

墓地管理者は遺骨を無縁墓地へ移し、お墓や納骨堂を改葬します。

墓石は撤去処分され、更地で新規販売物件になります。

永代供養との差は、

永代供養期間、ずっと供養されるかどうかと

無縁墓地に移されるかです。

他の見知らぬ人達と一緒に納骨されるのは、同じですが、

無縁墓地は、身元不明の方を納骨するためのお墓です。

 
お寺は今では宗教法人ですから、

未来永劫に存続する保証は、何処にもありません。

永代供養期間中に、そもそもお寺がなくなることも

心配する時代になってきました。

永代供養は、永代に供養するではないのです。

-永代供養

Copyright© お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人の正しい墓じまい方法 , 2018 All Rights Reserved.