お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くて行けずに檀家をやめる人のための墓じまい。

檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!

檀家

お寺の檀家を後を濁さず辞める方法|浄土真宗・日蓮宗・浄土宗

更新日:

我が家の近所では、お寺との付き合いをやめたいために、

檀家をやめた家が何軒もあります。

宗派によって違いがあるので、後を濁さないやめ方をご紹介します。

 

1.浄土真宗で檀家を辞める方法

 

①そもそも離檀した理由は?

理由としては、金銭的な負担がやはり上位で、住職が気に入らないなど。

また、檀家都合で遠方に引っ越す場合もあります。

遠方に引っ越す

檀家の負担金が一方的に高いなら、現代の檀家に全く理解されないのは当然です。

金額は檀家によって異なり、檀家の位、おおよその収入により寺役員会で決めます。

檀家1軒あたり年に20,000~30,000円くらいが相場で、

名目は、護持費、報恩講、永代経、改築 負担金など。

 

②離壇して良かったか?

檀家を辞めると、出費も減り、貴重な休日も駆り出されずにすみます。

 

③浄土真宗には離檀料って必要なの?

良心的な寺院は離檀請求しないようですから、離檀の際に、

檀家側から志の気持ちとしてのお布施を出した方が良いでしょう。

遠方への引越しなどの理由は、円満に離檀できます。

しかし、

金銭絡みは、高額離檀料を請求されるなど離檀トラブルになりやすいですね。

離壇料を檀家総代会で決められていなければ、

もちろん払う必要はありませんよ。

 

④払う必要のない離檀料を要求されたら国民生活センターへ

もし、払う必要のない離檀料を要求されたら、国民生活センターか

最寄りの消費生活センターへ相談しアドバイスをもらいましょう。

たいていは、市役所内にあります。

埒が明かなければ、弁護士事務所に交渉を任せる方が早いです。

弁護士事務所に依頼する前に、相談だけしてアドバイスをもらうことも可能。

その場合、お寺には弁護士に相談していることを伝えれば、

たいていは諦めます。

 

2.浄土真宗の檀家から抜けるなら改葬も?

浄土真宗は大本は、本来は『墓なし』の宗教です。

檀家から抜けるなら改葬も

本廟、廟というのが墓のかわりで、

そのため、亡くなったら本山に納骨するのが古の決まりでした。

現在では、浄土真宗も各お寺に墓があるのは、ご存知の通り。

菩提寺に墓があるのか、ないのかでやるべきことが違います。

 

①菩提寺にお墓が無いなら離壇は簡単

まず、家族や親戚の同意も取り付ける必要があります。

親戚づきあいの無い親戚なら、同意は不要です。

次に、家族や親族やなど全員の同意書を作り、菩提寺に行き、

檀家の離檀手続きを取って、新しいお寺で入檀手続きをするだけです。

 

②菩提寺にお墓があるなら改葬が必要

まず、檀家を辞めると、お墓を移転しなくてはならなくなります。

別の寺の寺墓にするのか、納骨堂・霊園墓地にするのか、墓じまいするのか、

事前に決めておけば、あわてなくて済みます。

寺院墓地を有してる場合、菩提寺のお墓は更地にして

お寺に返さなければなりません。

遺骨は、何十年も前に土葬したのなら残っていないかもしれませんが、

お墓に遺骨などが入っていれば取り出します。

その後、墓石の解体撤去、廃棄処分を業者さんに頼みます。

お墓を更地にする費用は、、一般的に20万から30万円前後もします。

敷地に外柵があったり、敷地内の墓石の数が多いなら、もっとかかります。

解体撤去前の閉眼(魂抜き)にもお布施は必要です。

お布施以外は、あらかじめ見積もりをとってから検討した方が良いでしょう。

その他の離檀手続きは、菩提寺にお墓が無い場合と同じです。

 

③新しい寺の寺墓に改葬するなら入檀料も必要?

寺によっては、入檀料や戒名を変更するための戒名料を要求されることもあります。

新しい寺の寺墓

その他、お墓の開眼(魂入れ)でのお布施などで、数十万程度の費用がかさむので、

覚悟しとくべきかと思います。

 

3.日蓮宗の檀家から抜けるには地域による違いが大きい?

総本山は身延山久遠寺です。

日蓮宗は、教団により強引な勧誘があったり、地獄に堕ちると良く言いますが、

一部誤解もあるようです。

そもそも、檀家制をしてないお寺もあるくらい。

春、秋のお彼岸と夏の施餓鬼法要くらいの案内が来ますが、

参加も自由です。

こういうお寺は、管理費もかからないので、離檀は考えにくいですね。

離檀する場合は、寺院の定める離檀料を請求される場合もあります。

寺院と檀家の関係や地域による違いで、離檀料は無い場合もありますし、

数十万円かかる場合もあります。

 

4.浄土宗の檀家を辞めるには地域による違いが大きい?

浄土宗は、檀家の動員要請が多く、利益追求主義でお金を集めることが多く

費用がかさむため、離壇する方が多いと聞きます。

別に、浄土宗が嫌だから寺と縁を切りたいのではないようです。

ただし、浄土宗の信徒・檀徒規定は厳しく、檀徒誓約書を書かせられることも。

お金のことでもめる場合は、本山の知恩院に相談するのをおすすめします。

 

5.お寺との付き合いをやめた後で葬儀に困らないか?

葬儀については、葬儀社さんへ相談すれば、無宗教でも執り行われます。

どうしても、仏式で執り行いたいならば、

何処のお寺にも属さないで、必要な時だけお勤めに来ていただく僧侶さんもいます。

TVでも出ていましたが、僧侶の派遣業『お坊さん便』というサービスがあるそうです。

お経の時間も5分単位で選べて、料金もメニュー化されてます。

お寺との付き合いも不要なので、そちらの利用をおすすめします。

おぼうさん便

 
【関連記事】
▼檀家をやめる時のポイントと費用・手続きのまとめ|浄土真宗・日蓮宗・浄土宗はこちら


 

お墓のミキワによる墓じまいサービス

お墓の解体・処分から行政手続き代行まで

わかりやすいワンセット価格で

お墓を守る人がいない方、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれない方

墓じまいを考える人が増えています。

人気の記事

墓で故人を偲ぶ 1

民営に限らず、宗教法人の寺院墓地も、 毎年いくつも破綻し廃寺解散しています。 公営墓地も、市町村が直接運営しているところは、 基本的に潰れることはありませんが、 外郭団体のものは破綻はあり得る時代です ...

霊園内の立派な墓 2

子供いない夫婦ならまだしも、2035年には独身者が5割近く、 一人暮らしの世帯が4割近くに達するそうです。 お墓の継承問題は、切実なものになってきています。 まずは、子供いない夫婦のお墓について、考え ...

ご先祖にお参り 3

最近は、お寺さんも、墓じまいや永代供養の相談を受けることが 多くなってきており、危機感を持たれています。 お墓の後継者がいないのです。   目次1.後継者(墓守)が途絶える2.お墓は捨てられ ...

合祀墓なら墓じまいも不要 4

葬式仏教のお寺さんでは「永代供養墓」と言うものがあります。 自分の家の菩提寺でも、永代供養して欲しい方なら、 「永代供養」とはどんな仕組みかを知る必要があります。   目次1.永代供養墓とは ...

古くからの代々の墓 5

今後、お墓を何代にも渡り守っていくのはどこの家でも難しいでしょう。 仕事や学業で海外も含めて転居もありますし、生まれる子供も減少します。 しかし、いよいよ墓じまいをする決心ができても、 現実にはいろい ...

-檀家

Copyright© 檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!! , 2019 All Rights Reserved.