檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!

檀家

曹洞宗のお寺のランクと檀家をやめる後で墓じまいする人が多い理由

1.曹洞宗のお寺のランク

檀那寺

曹洞宗のお寺のランクは、『寺格』と言って、主に3つあります。

上から、格地、法地、准法

菩提寺が、どの寺格なのかは、住職さまに尋ねればわかるはずです。

もちろん、

勝手に決めるものではなく、各々の寺格の住職になるには、

曹洞宗教師資格が必要です。

教師資格は、上から1等教師、2等教師、3等教師とあり、

寺院の寺格によって必要な僧階があります。

例えば、

格地の寺には1等教師以上の教師資格が必要ですし、

法地の寺には2等教師以上、准法の寺には3等教師以上が必要なのです。

修行は、永平寺や総持寺の両本山、もしくは地方僧堂で、

等級ごとに決められた期間を安居する必要があります。

たとえ、檀家数が300以下の小規模な菩提寺の住職でも、

1,000以上の大規模な寺の住職でも、ご縁のあった檀那寺です。

 

2.曹洞宗のお布施一覧がなく檀家をやめる人が多いのは何故か?

お布施が高そうな寺墓

戒名のランクとお布施の金額は、ネットでも一覧化されているのが多いのですが、

曹洞宗の戒名のお布施一覧は少ないですね。

本当は、住職さんか壇家総代さんに聞くのが一番ですが、参考に書いておきます。

  • 信士・信女クラスの場合、1万~10万円
  • 居士・大姉クラスの場合、3万~20万円
  • 金額の差が大きく、お布施一覧が少ないのも理解できます。

    それに、

    法要でも、曹洞宗のお布施のは、正直、他宗派より高いという口コミが多いです。

    住職だけにも80万円では少ないと聞き、びっくりしました。

    四十九日まで、お経を一回上げる毎に1万円も驚きました。

    四十九日の法要も、5万円は必要です。

    もちろん、毎月の護持会費のこと、お墓の開眼供養や閉眼供養、

    仏壇聖入れや聖抜きに、10万円以上かかるというのですから、

    曹洞宗で墓じまいする人が多いのも、うなずけます。

     
    【関連記事】
    ▼檀家をやめる時のポイントと費用・手続きのまとめ|浄土真宗・日蓮宗・浄土宗はこちら

    お墓のミキワによる墓じまいサービス

    お墓の解体・処分から行政手続き代行まで

    わかりやすいワンセット価格で

    お墓を守る人がいない方、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれない方

    墓じまいを考える人が増えています。

    \この記事はどうでしたか?/

    • この記事を書いた人
    アバター

    墓じまい案内人の長谷川です

    墓じまいは、魂抜き(閉眼供養)やお墓の解体・撤去・処分から行政手続きまで大変です。墓じまいの手続方法が分からないのは、初めての人がほとんどで当たり前です。そんな人のために墓じまいを案内します。

    人気の記事

    墓で故人を偲ぶ 1

    民営に限らず、宗教法人の寺院墓地も、 毎年いくつも破綻し廃寺解散しています。 公営墓地も、市町村が直接運営しているところは、 基本的に潰れることはありませんが、 外郭団体のものは破綻はあり得る時代です ...

    霊園内の立派な墓 2

    子供いない夫婦ならまだしも、2035年には独身者が5割近く、 一人暮らしの世帯が4割近くに達するそうです。 お墓の継承問題は、切実なものになってきています。 まずは、子供いない夫婦のお墓について、考え ...

    山が見える田舎の墓 3

    お墓が遠方にあって、なかなかお参りに行けない墓地よりも、 近くに移転して、お参りに行きやすい環境を作る方が良いです。 1番大切な事は、お参りすること。 そう思っても、気が重いですが、以下の課題をクリア ...

    由緒ある菩提寺 4

    日本全国の墓所で、墓石が撤去された空場所が目立つ様になっています。 なかには、台風などで墓石が倒れて破壊された、荒れ果てた姿も。 どうして、こんなになってしまったんでしょうか。 そして、そんな荒れ放題 ...

    先祖のお墓 5

    遺骨の処分と言っても、 葬式後、親の遺骨の受け取りを拒否して処分してもらう場合と、 古いご先祖さまの遺骨を、掘り返して処分する場合に分かれます。   目次1.ご先祖さまの遺骨を火葬をするなら ...

    -檀家

    © 2020 檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!