檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!

関連記事

自分で戒名をつけたい人|生前戒名が欲しい人の『戒名ガイド』

お墓がお寺にない場合なら、戒名は自分で付けても、戒名無しでも問題ありません。

わざわざ高いお金を払ってまで、お坊さんにつけてもらう必要はない、

という考えが多く、自分で戒名をつける人が昨今多くなってきました。

自分で戒名を付ける方法について、書いています。

 

1.自分で戒名をつけるには?

戒名のつけかたは、宗派によって多少異なりますが、基本的な法則があります。

戒名は自分で付けよう

テクニカルな法則まで教える本やソフト、サイトがあるので、

勉強して戒名をつけることができます。

なお、探せば無料で戒名をつけてくださるお坊さんも、けっこういますよ。

 

①戒名の付け方を教える本

『戒名は自分で付けよう』高林院釈俊信居士 文芸社文庫

『父の戒名をつけてみました』中央公論新社

・『自分でつける戒名』 門賀美央子 株式会社エクスナッジ
   宗教法人 福祉寺奥の院住職 松原日治 監修

『戒名は、自分で決める』島田裕己 幼冬舎新書

 

②戒名作成ソフト

『[法号戒名作成ソフト]蓮心2』
  
『「JS戒名」「Access戒名」』フリー
  

 

③戒名を作るサイト

・『お助け戒名ドットコム』

・『お坊さん.jp』

 

2.何故自分で戒名をつけるの?

公営霊園や民間霊園の墓

戒名を、「供養のための故人の名前」と理解し、

お墓が、寺墓以外の公営霊園や民間霊園の墓なら、問題ないので自分で戒名をつけます。

なぜならば、仏教式で葬儀や法要をやる必要はないわけで、

戒名すら必要ないのですから、問題は起こりようがありません。

戒名は仏教徒になった証しなので、仏式で葬儀をしないなら、仏教徒でもないからです。

もちろん、寺墓に納骨予定なら、戒名は自分ではつけられません。

仏法の師となる僧侶が仏弟子として戒名をつけるのです。

 

3.生前戒名が欲しいなら?

生前戒名は、自分であらかじめ戒名を決める事ができます。

立川談志さんが生前にご自分の戒名を付けられたことは有名で、

『立川雲黒斎家元勝手居士』と新聞に出ています。

亡くなってから、葬儀までに慌てて付けてもらう仏教式の戒名より、

しっくりきますね。

自分で考えた戒名でも、位牌が欲しいなら、

自分で考えた戒名を仏壇屋さんに持って行き、

黒い本位牌に書いてもらえますから。

相手は商売ですから、大丈夫です。

 

まとめ

自分で戒名をつけるためのテクニカルなハードルは、

本やネットで超えることができます。

しかし、寺墓に納骨する予定なら、お寺とのトラブルになるので、

自分で戒名をつけるのはやめておいた方が良いでしょう。

一緒に墓じまいを考えるなら、供養のための故人の名前である自作戒名は

なんら問題もなくなるでしょう。

 
【関連記事】
▼檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!はこちら

お墓のミキワによる墓じまいサービス

お墓の解体・処分から行政手続き代行まで

わかりやすいワンセット価格で

お墓を守る人がいない方、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれない方

墓じまいを考える人が増えています。

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

墓じまい案内人の長谷川です

墓じまいは、魂抜き(閉眼供養)やお墓の解体・撤去・処分から行政手続きまで大変です。墓じまいの手続方法が分からないのは、初めての人がほとんどで当たり前です。そんな人のために墓じまいを案内します。

人気の記事

墓で故人を偲ぶ 1

民営に限らず、宗教法人の寺院墓地も、 毎年いくつも破綻し廃寺解散しています。 公営墓地も、市町村が直接運営しているところは、 基本的に潰れることはありませんが、 外郭団体のものは破綻はあり得る時代です ...

霊園内の立派な墓 2

子供いない夫婦ならまだしも、2035年には独身者が5割近く、 一人暮らしの世帯が4割近くに達するそうです。 お墓の継承問題は、切実なものになってきています。 まずは、子供いない夫婦のお墓について、考え ...

山が見える田舎の墓 3

お墓が遠方にあって、なかなかお参りに行けない墓地よりも、 近くに移転して、お参りに行きやすい環境を作る方が良いです。 1番大切な事は、お参りすること。 そう思っても、気が重いですが、以下の課題をクリア ...

由緒ある菩提寺 4

日本全国の墓所で、墓石が撤去された空場所が目立つ様になっています。 なかには、台風などで墓石が倒れて破壊された、荒れ果てた姿も。 どうして、こんなになってしまったんでしょうか。 そして、そんな荒れ放題 ...

先祖のお墓 5

遺骨の処分と言っても、 葬式後、親の遺骨の受け取りを拒否して処分してもらう場合と、 古いご先祖さまの遺骨を、掘り返して処分する場合に分かれます。   目次1.ご先祖さまの遺骨を火葬をするなら ...

-関連記事

© 2020 檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!