檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!

墓じまい

遺骨を処分する方法は親かご先祖さまの遺骨かで違う

遺骨の処分と言っても、

葬式後、親の遺骨の受け取りを拒否して処分してもらう場合と、

古いご先祖さまの遺骨を、掘り返して処分する場合に分かれます。

 

1.ご先祖さまの遺骨を火葬をするなら離檀料を拒否?

先祖のお墓

ご先祖さまを土葬で埋葬していたのなら、一度遺骨を火葬をする必要があります。

①最初は、お墓のある市の役所へ行き、改葬申請書を提出します。

②提出後に、お寺で納骨証明をもらいます。

③お寺さんの納骨証明を役所に提出すると、改葬許可書と火葬許可書がやっともらえます。

④改葬許可書があれば、寺で遺骨を掘り起こしてもらいます。
実際の作業は、石材店に依頼することになります。

⑤遺骨を全部掘り起こせたら、火葬場では火葬許可書を出し、やっと火葬となります。

⑥その後、墓石を撤去処分し、更地にしてお寺さんに返せば終わりです。

問題の一つ目は、このように手続きが面倒なこと。

この場合は、墓じまいの専門業者さんにお頼みした方が楽です。

問題の二つ目は、

お寺にとっては、檀家さんが減るので、高額な離檀料を言い出す可能性があること。

その場合もめると、

あきらめて永久放置する人が圧倒的に多いようです。

 

2.親の遺骨をすべて火葬場で処分できるかは火葬場による

海辺のお墓

例えば、親の遺骨をすべて火葬場で処分してもらい、

遺骨の受け取りを拒否することは可能です。

ただし、火葬場によって対応が違うことがあります。

事前の問い合わせが必須です。

火葬場の管理者(たいていは市長)の権限で、

引き取られない遺骨を処分できることが、

火葬場に関する条例にあります。

その条例がない火葬場では、遺骨の受け取りを拒否することはできません。

その場合は、一旦は受け取るしかありません。

 

3.そもそも遺骨は産業廃棄物扱い

島のお墓

火葬場では、必ず回収しきれない残骨灰が出ます。

東日本は全量収骨なので、その残骨灰も骨壺の中に入れるのが普通です。

でも、

西日本では部分収骨なので、遺骨が残骨灰として残ります。

その残骨灰は、春秋の彼岸の時期に法要が営まれ、

産業廃棄物として埋められるのが普通なのです。

だから、遺骨処分については、受け取る量を極少なくするだけと同じです。

 

4.それでも遺骨を捨てれば罪になります

遺骨を、ゴミ箱やトイレに捨てるような人もいるそうです。

これは、「遺骨遺棄罪」という犯罪になります。

道義的にも、やってはいけません。

また、

駅のコインロッカーや電車の網棚に放置された遺骨は、

所定の期間保管され、役所で処分されます。

自分で処分できないなら、

必ず専門業者に任せるようにして下さい。

 
【関連記事】
▼夫婦に子供がいてもいなくてもお墓を相続せず『墓じまい』する時に困らない方法まとめはこちら

お墓のミキワによる墓じまいサービス

お墓の解体・処分から行政手続き代行まで

わかりやすいワンセット価格で

お墓を守る人がいない方、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれない方

墓じまいを考える人が増えています。

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

墓じまい案内人の長谷川です

墓じまいは、魂抜き(閉眼供養)やお墓の解体・撤去・処分から行政手続きまで大変です。墓じまいの手続方法が分からないのは、初めての人がほとんどで当たり前です。そんな人のために墓じまいを案内します。

人気の記事

墓で故人を偲ぶ 1

民営に限らず、宗教法人の寺院墓地も、 毎年いくつも破綻し廃寺解散しています。 公営墓地も、市町村が直接運営しているところは、 基本的に潰れることはありませんが、 外郭団体のものは破綻はあり得る時代です ...

霊園内の立派な墓 2

子供いない夫婦ならまだしも、2035年には独身者が5割近く、 一人暮らしの世帯が4割近くに達するそうです。 お墓の継承問題は、切実なものになってきています。 まずは、子供いない夫婦のお墓について、考え ...

山が見える田舎の墓 3

お墓が遠方にあって、なかなかお参りに行けない墓地よりも、 近くに移転して、お参りに行きやすい環境を作る方が良いです。 1番大切な事は、お参りすること。 そう思っても、気が重いですが、以下の課題をクリア ...

由緒ある菩提寺 4

日本全国の墓所で、墓石が撤去された空場所が目立つ様になっています。 なかには、台風などで墓石が倒れて破壊された、荒れ果てた姿も。 どうして、こんなになってしまったんでしょうか。 そして、そんな荒れ放題 ...

先祖のお墓 5

遺骨の処分と言っても、 葬式後、親の遺骨の受け取りを拒否して処分してもらう場合と、 古いご先祖さまの遺骨を、掘り返して処分する場合に分かれます。   目次1.ご先祖さまの遺骨を火葬をするなら ...

-墓じまい

© 2020 檀家をやめる方法と正しい墓じまい方法を解説!!